プロフィール
14台目w650と6年間いい思い出ありがとう(*^▽^*) 15台目マジェスティ250 16台目GSR750ABSで 世界遺産「富士山」周辺を走り抜けます。 バイクライフをエンジョイしましょう(^^♪(^^♪(^^♪ m581.jpg

カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近の記事
フリーエリア
最近のトラックバック

2011.10.24    カテゴリ:  84・紅葉を求めて志賀草津道路&王ヶ頭リベンジツ~! 

   84・紅葉を求めて志賀草津道路&王ヶ頭リベンジツ~!(川中島古戦場編)

志賀草津道路の紅葉と走りを満喫し白根山で奥方様のおむすびを堪能!景色のいいところでの食事は最高です(*^▽^*)

R292から信州中野でR403に入り、松代を目指します

小布施は観光客が多いです 昔の街並みが多く残っているところ  一度散策してみたい(^^;

須坂に入りR403を走ればいいのにどういうわけかR18に出てしまいました(;´▽`A``

地図を持たないw6はチョコット間違えると悲惨です( -。-) =3


取りあえず上田方向へ   ( ‥) ン? 古戦場? もしやここは川中島?



そうです!



qq239.jpg



11,35 川中島古戦場  325K


武田信玄と上杉謙信の有無の決戦のところでした(*^▽^*) 道に迷って良かったかも♪

散歩しながら散策です



qq240.jpg



幼稚園児がたくさん遊んでいるのどかなところです

反対方向に行くと



qq247.jpg



クリックすると読めます 戦国時代が好きな方はどうぞ(*^▽^*)



qq245.jpg



啄木鳥戦法か


そして



qq241.jpg



ここもお好きな方はクリックしてどうぞ^^



qq242.jpg



その実際の像です



qq243.jpg



そして正面



qq244.jpg



斬りつけるのが謙信で軍配でかわすのが信玄です 


両軍の陣地図です



qq246.jpg



武田側は

鶴翼(かくよく)の陣


両翼を前方に張り出し、「V」の形を取る陣形。魚鱗の陣と並んで非常によく使われた陣形である。中心に大将を配置し、敵が両翼の間に入ってくると同時にそれを閉じることで包囲・殲滅するのが目的。ただし、敵にとっては中心に守備が少なく大将を攻めやすいため、両翼の部隊が包囲するまで中軍が持ち堪えなくてはならないというリスクも孕んでいる。そこで中央部本陣を厚くし、Y字型に編成する型がある。完勝するか完敗するかの極端な結果になりやすいため、相手より兵数で劣っているときには通常用いられない。こちらの隙も多く、相手が小兵力でも複数の方向から攻めてくる恐れのある場合には不利になる。部隊間の情報伝達が比較的取りにくいため、予定外の状況への柔軟な対応には適さない。
実戦では、徳川家康が三方ヶ原の戦いにおいてこの陣形で武田信玄と戦闘し、惨敗している。第四次川中島の戦いでは、武田信玄の本隊が別働隊が帰ってくるまでの間、車掛の陣形で襲い掛かる上杉謙信の軍勢を鶴翼の陣形で凌いだ。


相対する上杉軍は

車掛(くるまかり、くるまがかりとも)の陣


先に出撃した部隊が後退し、替わりに新手が出撃するという、次々に部隊ごとに攻めては退く戦法ないし陣形。越後でよく採用された陣形で、寒い冬季における合戦の際、移動し続けることで兵士の体を温める必要性から生まれたという。大将を中心に、その周囲を各部隊が円陣を組み、車輪が回転するように入れ代わり立ち代わり各部隊が攻めては退く、というのが有力説。ただし江戸時代の創作とも言われる。上杉謙信が川中島の戦いで利用したともされる。



w6は戦国時代が好きなもので(^^;


川中島を後にして松代城は時間がないので今回は中止  次回の楽しみにとっておきます(*^▽^*)

R18を上田方面へ  右手に千曲川  のどかな風景で落ちつきます


12:55 真田の上田城へ  357K



qq253.jpg



上田の紅葉も美しい(*^▽^*)


最終章に続きます ぺこ <(_ _)>



お暇ならポチッと押してくれると♪♪♪です (⌒◇⌒)



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


Copyright © いい日気が向いたらツーリング All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog