プロフィール
14代目w650と6年間いい思い出ありがとう(*^▽^*) 15代目マジェスティと新たなバイクライフを楽しみます。 時間が許す限り日本中を駆け巡ります(^O^) m581.jpg

カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
最近の記事
フリーエリア
最近のトラックバック
カテゴリー 《 45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ 》   全1ページ
このページのリスト
2009.07.06  
  45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ(パート1)
2009.07.11  
  45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ(パート2)
2009.07.13  
  45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ(パート3)

2009.07.06    カテゴリ:  45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ 

   45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ(パート1)

以前五箇山で合掌造りを見て凄い建物に驚いた事が今でも記憶に蘇えります。

先人の知恵は素晴らしいです!

日曜日の雨マークも取れて横浜は曇りマークですが岐阜は午前中は晴れ♪♪♪
これは行くしかないですね^^ 

でも名古屋で夕方から雨ですから早めの行動が要求されそうです。

09/7/5 1:15 奥方とわんこの見送りで出発します。

東名川崎から一路白川郷に^^  片道500Kはありそうです(^^;

道もすいていていいペースです。
海沿いの由比は駿河湾に面しててとても綺麗な所で遠くには伊豆が^^
そして富士山が綺麗に見えます♪(昼間なら)(^∇^)

夜では海が何気に不気味ですね(-_^:)

3:20日本平PAで初めての休憩。ここまで169,3K 

TS372406.jpg

珈琲を飲んで出発です。

牧之原SAで最初の給油。207K 8.07L 25,6K

最近GSの値段が落ち着いてからまた少し上がり気味です。
昨年みたい事はご勘弁頂きたいですね(^^;

浜名湖を通過 

この頃には少し明るさがあるので浜名湖も確認できました^^

豊田JCTから東海環状自動車道へ

日の出が!

IMG_0001.jpg

いつ見ても太陽を撮ると生と写真では差がありすぎです。

可児の風景、私の好きな風景です(田舎大好き)^^

美濃関JCTから東海北陸道へ

晴れていたのですが徐々に曇りぽくなって来ました。
郡上八幡の頃は厚い雲の覆われましたが雨も無く良かった(^▽^)

山々からの霧が幻想的で写真撮りたかったです・・・・

白川郷ICに7:35 

IMG_0004.jpg

白河橋で

IMG_0008.jpg

いよいよですね♪

IMG_0010.jpg

展望台に

IMG_0019.jpg

w(゜o゜)w オオー! この場所にいきなり来れました。

白川郷が一望です♪♪♪

IMG_0016.jpg


「バイクが邪魔だぞ」と言う突っ込みは只今受け付けておりません(^v^)フフフ



IMG_0015.jpg


白川郷が玩具のように見えました(*^▽^*) ニョホホ


パート2に続きます^^


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2009.07.11    カテゴリ:  45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ 

   45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ(パート2)

IMG_0015.jpg
 
白川郷の展望台から下に降りることにしましょう。

IMG_0031.jpg

日本の原風景でどことなく心が落ち着いて来ます。

IMG_0033.jpg

緑が映えて眼に眩しいです♪

ここは豪雪地帯で真冬の時期は2階3階が出入り口になるんですね^^

aho.jpg


1時間ちょっと散歩しながら見学、お店も開店の準備で忙しそうです^^
お客様も増えて来たので出発しましょう♪

郡上八幡へはR156で向かう事にします。

以外と道がひどいのにハッ!|o゜)衝撃の新事実(^▽^笑)
飛ばす気になれませんでした(-_^:)

IMG_0037.jpg

長良川です。

baka.jpg

日曜日なので釣り人が多かった。

IMG_0036.jpg

9:45 ひるがお高原センターで休憩。ここはスキー場でした。

郡上八幡へ出発

郡上八幡城へ ここは本丸まで車やバイクで登れるのにはびっくりしました。
観光バスの人は下から登ります。健康には良いですがかなりきつそうですね(^^;

本丸駐車場に到着しました♪

01.jpg

私のバイクは置けましたが車は満車状態です。山道の登りで渋滞にならなくて良かった!

結構急坂ですから( ̄Д ̄;)

パート3(終)に続きます♪


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

2009.07.13    カテゴリ:  45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ 

   45・世界遺産白川郷と群上八幡城へ(パート3)

郡上八幡城本丸の駐車場は昔は

007.jpg

首洗いの井戸とは怖ろしい・・・・
でも今日は観光客の方が多いし怖くはありません!陽も明るいので(^▽^笑)

本丸の方へ進みます。

008.jpg

なかなか立派なお城です。

戦国時代末期の永禄2年(1559年)、遠藤盛数が八幡山の上に砦を築いたことが郡上八幡城の起源である。遠藤盛数が郡上八幡城を築くまでは、郡上一円は東(とう)氏によって支配されていた。東氏は、郡上八幡の町を挟んで反対側にある東殿山(とうどやま)に東殿山城を構えていたが、1559年(永禄2年)、遠藤盛数によって滅ぼされた。遠藤氏は東殿山城を奪い、郡上一円を支配したものの、この城を好まず、東殿山城を攻撃したときに陣営を張った八幡山に城を築いた。 その後盛数の長男慶隆が城主となったが、本能寺の変後羽柴秀吉と対立する織田信孝の傘下に属していたため追放される。慶隆追放後稲葉貞通が一時城主となり、この際に天守や二の丸などが建造されている。その後関ヶ原の戦いの功により再び慶隆が城主となり、以来廃藩置県まで郡上藩の藩庁となる。5代藩主常久まで遠藤氏が城主となり、以下井上氏2代、金森氏2代、青山氏7代と城主が変遷。青山幸宜が藩主の際に明治維新を迎え、廃藩置県により廃城となる。廃城の翌年、石垣のみを残し取り壊わされる。

現在の天守は、大垣城(当時)を参考に昭和8年(1933年)に造られた。模擬天守としては全国的にも珍しい木造。石垣が岐阜県史跡に、天守閣が郡上市有形文化財に指定されている。内部は歴史資料館などとして利用されている。山城であり、市街地を流れる吉田川のほとりに聳える。城自体は小規模だが、城下から眺める城の風景や、城から見下ろす城下町のたたずまいは大変美しい。城の入り口までは徒歩でも自動車でも行くことができ、山麓には山内一豊と妻千代の像がある。

日本100名城の選定対象となるものの、検討の結果、選定されなかった。

山麓には山内一豊と妻千代の像があったのですか(;´▽`A``

分からなかった。バイクで上って来たからかも知れませんね。・・・( ̄  ̄;) うーん 残念(≧▼≦;)


010.jpg

以外と人がいない時に撮るのは難しいものです。

011.jpg

多くのご家族の方が楽しんでいらしゃいました♪

裏手から

012.jpg

郡上八幡城から

013.jpg


郡上八幡の街並みが^^遠くに行きに乗った東海北陸道が見えます♪

小腹が減ったので昼食にしましょう^^

山城を降りて適当に流すと


TS372415.jpg


蕎麦屋善兵衛が眼に留まりました。

駐車場も混んでいるので入ってみましょう。行き当りばったりの食事も楽しいものです♪

今回は蕎麦が食べたかったので天ざる蕎麦にしました。

TS372414.jpg

ここのお蕎麦はなかなかいけます。自家製麺て書いてありました^^
天婦羅はさらにいけました!「サクッ」てな感じでグッドです♪

写真では分かりづらいですが下に海老が2本も隠れていました。

「まいう~」でございました。ちなみに1,150円これはお安いですね♪

さてこれで目標とした観光地も巡ったので帰宅の徒に着こうと思います。

郡上八幡ICに12:30頃に入ります。

景色を楽しみながら走らせます。

帰りは二宮JCTから東名へ

13:06 守山PAにて休憩


TS372416.jpg


さすが名古屋は食の文化ですね^^ どれも美味そうです( ̄¬ ̄*)じゅるぅ

我慢しましょう(≧▼≦;)横浜~松田間は18Kの渋滞でした。



17:35 無事に我が家へ  全走行距離 1095,5K  46,89L  L23,3K  16時間20分の旅

白川郷・郡上八幡にも行けたし満足ですね^^


明日はF君と何十年ぶりにツーリングに行くことになりました♪

W6とハーレーで道志道を走りに行って来ます^^  明日は関東は快晴みたいです(^▽^笑)


富士山が綺麗に見えたら最高ですね♪♪♪


にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村






Copyright © いい日気が向いたらツーリング All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog